おはこんばんちは♪

ロテイロです( ̄∇ ̄)ノ


最近思うのですが、、、、

ほんと書くネタがない(  ̄▽ ̄)

もともとネタのストックなんてものは無くて、思いつくまま書いているのですが

ほんと書くネタがない(  ̄▽ ̄)

毎日のようにクラクラしているのに、クラクラのネタがない私って。

全壊できればネタになるのですが、私のスキルでは奇跡レベルの出来事でして

出来たとしても、下手というかブサイクな全壊動画にしかならず

うまく全壊できても、相手のクランさんに動画UPを断られる始末(  ̄▽ ̄)

ここまで来ると、仕方がないと思うのです、、、、、、



何が??



クラクラに無関係なことを書いてもいいのではないでしょうか(_・ω・)_ バァン

さっそく♪夜勤中に空いた時間を使って何を書こうか考えてみたところ

私の地元のことを書いてみようかなと。

私は日本の南にある、とある島で生まれました。

出身地を話すと、大抵の人に都会だねと言われます。

実はそんなに都会ではなく、さすがに田んぼは無いですが奥のほうに行くと

森といっていいくらいの場所があったりします。

木もあれば川に囲まれた公園もありまして、私の周りでは

少し有名になっているY公園という名前の公園があります。
※画像はイメージです
 
Y公園のイメージ

同じYが付く小学校のすぐ近くにあるその公園は

いたる所に少し大きな木が植えられていて、近くに川もあるので

自然を感じられる公園となっています。

特に遊具などはないので、ランニングなどに向いている所かなと思います。

この公園は街灯が少なく、夜になるとかなり暗い場所で

怪しいカップルがいたり、いなかったりしたそうです。

とある日、友人がちょっとした噂を聞いて男3人くらいで公園に行ったみたいなんです。

その噂なんですが、Y公園は夜になるとゲ○が集まってくるみたいで

ある事をすると、OKの合図なんだそうです。

友人達は面白半分に、カチッ カチッ カチッと合図をしてみました。

数分程待っても、何も起きなかったのでしかたなく出口に向かったそうです

そうすると出口の方向に、少し大きな人影を見つけたみたいで

友人は少しドキッとしたと言っていました。

みんな気にしないふりをしていましたが、ちょっと怖くなったので

その人影を避けるように歩くと、偶然なのか同じ方向に動いてきたみたいなのです。

スピードを上げると、同じように人影も速度を上げてきて

暗い中でも少しずつ近づいてくるのがわかったそうです。

さすがに怖くなって、3人のうち1人が急に走り出したので

つられてみんな走ったら、人影も追いかけてきたみたいです。

走りながら前を見ると、柵があり向こう側は川だと3人とも知っていたそうで

みんな本当に川へ飛び込んだとのこと。

飛び込んだ後、周りを見渡すと人影は見当たらなかったそうで

安心感からなのか、3人みんなで顔を合わせて爆笑。

その数秒後、ドボーン!っという音を聞いたみたいです。

ちなみに、Y公園にあるトイレに逃げ込むと色んな意味で致命的だそうですよ。


またみてね( ・ω・)/