おはこんばんちは♪

ロテイロです( ̄∇ ̄)ノ


以前クラメンが私の名前、「ロテイロ」について

わざわざ調べてくれたことがあります。

41HJ3ADP7SL


※ステマでもアディ○スさんの回し者でもありませんよ

これは私が10代のころバイトしたお金で初めて買った

フットサルボールの名前をパク○ました。

サブ垢はサッカーボールの名前を付けています。

ちなみに私はバレー部だったのですがww

大学生のころ、草野球ならぬたまたまやった草サッカーとフットサルにハマりまして

個人練習にも使えるなと思い、思い切って買ったのを今でも覚えています。

サッカー経験など皆無で、体育の時にやった程度の私は

それは、それは、ド下手なやつでした。


下手は下手なりにできることをやればいい!!
 

要は、自分にできることを頑張ればいいってことですかね

この言葉、実はあまり好きではありません(;^_^A 

何故か?

・下手なので守備を頑張ろう → 攻撃スキル(ドリブル・シュート等)が身に付きません

・下手なのであまりボールに絡んだプレーは避けよう → 人数が1人いないのと同じです

自分にできることをするというのは、自分にできることだけしているのだと勝手に思っていて

その場を凌ぐのには十分なのですが、結果的に成長を自分で止めてしまうのではないかと思うのです。

すごく個人的な意見なんですけどね( -ω-)

なので私は、チャンスと見るやシュートを打ち、隙をみつけるとドリブルで仕掛けました!

その度に、チームメイトからの冷たい視線を感じていましたが、無視しました。

このままだと、試合があっても呼んでくれなくなりそうなので

どうすればいいのか必死で考えました。

最初に考えたことは、サッカーってどんなスポーツ?からです。

サッカー中継や、本などを見てみると

試合中のほとんどが、パスをしていることに気が付きました。

シュートやドリブルは2~3割程度、なのでサッカーはパスをメインとするスポーツと認識。

さらに、パスにも色々な種類(蹴り方)があるそうで

もっともよく使うのが、インサイドキックだと調べた結果辿り着きました。

パスをメインとし、そのなかでもインサイドキックが主であるため

インサイドキックができれば、ある程度チームに貢献できるのではないかと。

これでも体育会系の部活を小学校から取り組んでいたため

体力と反射神経などは、ある程度自信がありました。

なのでインサイドキックというスキルを身に着ければレギュラー間違いなし!!

それを基盤として、ドリブルやシュートのスキルを磨けば

Jリーガーも夢じゃない!!それどころか日本代表に!!

ヒデのパスを受けることができるのは私しかいない!!

岡野のスピードに合わせたスルーパスを出せるのは私だ!!

そして、、、、


話が長くなりそうなので、この辺にしときます。

私だけかもしれませんが、たまに名前をカタカナにするため

変換ボタンを押すと、露逞炉って出てきませんか?


魔汰魅手根( ・ω・)/